テープ起こしの必要性を感じることは普通に人たちにはあまりないと思いますし、現在ではいろんな録音媒体がありますので、テープ起こしそのもののニーズはさがって、特定の職種の特定部門にのみニーズがあると思います。
昔はそうではありませんでしたので、時間も費用もかかっていましたし、速記などという職種の人たちも相当いました。
現在では、ネットでテープ起こし業者の速さと値段のランキングサイトがありますので、それらを見て検討するのが手っ取り早い方法です。
もちろん、録音状態や、使用目的などによって使い分ける必要はあるでしょう。
通常の会話の再現程度であれば、安くて速いのが一番ということになりそうですし、専門的にはその分野に強い方が校正が楽です。

ついつい素人考えに、こうしたランキングを鵜呑みにしてしまいますが、恒常的なユーザーでしたら、気になる点や改善してほしい点が出てきますし、どうしても不満が生じたときには、定期的に業者替えができますし、そのような競争があってこそ、品質精度も上がってくるものなのだと思います。
もちろん、これらのランクに表示されていないところでも、上回る実績のところはたくさんあるかもしれませんので、ランキングそのものは目安程度にしておいたほうがよいかもしれません。
こればかりは実績がものをいうと思います。
業者側のスタッフの構成にもよりますし、技術力・品質の程度、仕上がり具合については、そまぞまに差別化がされていると思います。

案件によっては、特にスピードを要求する場合にはそれ用に手数料加算で、対応してくれる場合もありますし、完成物についても、希望の品のサンプル等がありましたら、そのような精度で実行が可能なのかどうか、録音媒体のやり取りはどうするのかなど、十分に内容について、担当者との間で、説明を受けておくことをお勧めします。
業界同士の信頼が形成されていれば、まず間違いのない完成品が届きますが、それであっても崩れていくこともありますし、そうでない場合には、品質保証がどのようなものなのか念入りに確認しておくことが必要です。
また、副次的なサービスや対応においても各社さまざまな対応をしていますので、契約する前に、そのような約款内容について知っておくことが大切です。

オススメリンク

パソコンが必要

在宅ワークとして、テープ起こしを仕事にしようという場合に、知っておくといい情報があります。
まず、在宅で作業をする場合、パソコンが必要です。
また、Windowsなどのソフトウェアが必要になります。
そして、記…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー