将来を考えて

様々な理由により会社を存続させることをあきらめることがあります。儲かっているものの、継続させるのに疲れたため辞める場合、債務超過になっているのでやむに已まれずやめる場合などです。ここでは会社清算について整理してみましょう。 会社清算とは、破産するほどではないけれど、一定の債務があり将来性が低いため会社を存続させない場合の手法です。手順は、次の通りです。株主総会で解散を決議、株主に通知、会社解散を登記、清算手続きの開始、清算結了登記、の順です。 また会社清算は、株式会社であれば、債務超過の場合に特別清算という手法もとれるため、裁判所の監督の元清算手続きを進められるため、債権者とのやり取りをスムーズに行うことが出来ます。

清算の他にも会社の終わらせ方にはパターンがあります。それは、破産と休眠化です。破産の方は一般的でしょう。会社の債務が圧倒的で、返済の目途が立たず会社の継続性がないことが明らかな場合はこちらを選択することになります。もう一つあるパターンが会社の休眠化です。文字通り会社を眠らせてしまいます。会社の存在自体は継続させるものの、訪問客には対応しない、メールにも電話にも対応しない、など一切の事業は行いません。当然ながら預金口座も止まっている必要が有ります。 こうした休眠のメリットは登記簿上は維持できるため、いざというとき会社を再開させることができるということです。会社清算と違い、十分に資金がそろったときや、人材が集まった際に再開したいというときに便利な手法でしょう。